「吉原氣療院」 院長のブログ

テレビはよくない?

みなさま、少しご無沙汰いたしましたが毎日真氣充実、

「吉原氣療院」院長の吉原 由行です。

 

さあ、年度末ですね。

私は、昨年開業しましたので今年は初の「青色申告」で確定申告でした。

心配性なもんで、早々と2月の初めには済ませてしまいました。


ところで、みなさんは「年収1千万以上の人はほとんどテレビを見ない」

という話をご存知ですか?

そんな暇は、ないのでしょうねぇ。



私、家にテレビは一応ありますが繋がっていません。。。。

DVD を観たりする時のモニターでして、テレビ番組は一切見ない訳です。


では、なぜテレビがあまり良くないか

今日は「氣」と波動のお話です。。。

 

氣と波動について

まず、難しい説明はなるべく省きながらお話したいと思います。

 

皆さんにも以前「氣」について簡単に説明しましたが、ここでおさらいです。


氣」とはこの空間に充満している生命エネルギーのようなもので、


人体を構成し、生命を育む上で欠く事のできない、非常に大きな運動力を持つ極めて小さな物質である


とお話しましたね。

 

つまり、物質であるという事は波動をもっています。

 

さらに「氣」とは「情報」でもあります。

「情報」にも、やはり「波動」があります。

 

たとえば「良い情報」を受けると人体は良い反応をしますし、逆に「悪い情報」を受けて「いやだな」と思うと人体は悪い反応をします。


具体的には、嫌なニュースを聞くと無意識下で反応が起き「毒性のホルモン」であるアドレナリンノルアドレナリンを放出します。


ホラー映画なども同じですよね。

 

そして、人体の細胞はそれらの情報を自ら判断出来ます。

 

テレビが特によくないのは情報選択して自ら選ぶのではなく、垂れ流しのものを一方的に受け取る事です。


つまり、「洗脳ボックス」のスイッチを入れてその前に座っているようなものです。

 

昔、日本にテレビが入ってきたころ、「こんなもの観てたら一億総ハクチになる」と言ったそうです。

また、「こんな箱誰が好き好んで眺めるものか」と。。。。

 

それが今やどうでしょう。。。

 

家に帰ればまずテレビのスイッチオン。。。。朝起きればまず、テレビのスイッチオン。。。


そんな人が多いのでは?

 

その中でも特に悪いのが「食事中のテレビ」です。


皆さんは「水からの伝言」「ありがとうのご飯とばかやろうのご飯」の話を知っていますか?

 

まあ、ちょっと検索すればわかりますが、

要は水に「ありがとう」と言った時と「バカヤロウ」と行った時と結晶の形が違う、といった実験や

ごはんを瓶に入れ、片方に「ありがとう」片方に「バカヤロウ」と書いた紙を貼り、どうなるか実験をしたら、腐り方が全然違ったなどの話です。

 

これも、「インチキだ」とか「科学的根拠がない」と言われていますが興味深い実験ですね。

 

「氣」の概念では今書いたようなことはあっても不思議ではないと考えます。

 

「ありがとう」という言葉の波動「バカヤロウ」という言葉の波動には絶対的に違いがあります。


音が違えば波動が違うのは当然です。


また、それを受けた時に感じるものも違います。


いずれ詳しくお話しますが「がん」にありがとうと言うと治るという話もあります。

 

 

では、食事中テレビをつけてニュースやバラエティを観ながら食事をしたらどうでしょう?

 

殺人事件のニュースやテロのニュース。無意識「嫌だな」と感じる情報のオンパレードですね。

 

では「お笑い番組」なら楽しくて良いだろう????

そんなわけありません!!

 

テレビに出ているタレントや芸人の使う会話には「ぼけ、かす、あほ、しね」などてんこ盛りです。

さらに性的な話題低俗なギャグ

一説にはテレビの娯楽は小学5~6年生レベルに合わせて作られているそうです。


みんなそれを喜んで見せられている訳ですね。


また、不健康を生むための「グルメ番組」

特定の健康食品を売るための「健康番組」

ドラマは「性」「暴力」「金」「おざなりの恋愛話」

 

これらテレビから出る波動を食べ物に浴びせながら食事をしたらどうでしょう。


これはつまり食べ物に「バカヤロウ」といって食べているのと同じ事です。

 

これじゃあ体に良い訳がありませんね。。。。

 

みなさんも、食事のときはテレビを消して素敵な会話をお楽しみください。

特に、その料理の話、味付けや食材の事などの情報を織り交ぜた会話が良いですね。

 

そして、良く味わって「おいしい、おいしい」感謝して食べる事が何よりも大切です。

 

作った人や食材への感謝。日々の食事に感謝。食べられる事への感謝

感謝にはきりがありません。

そして、人は感謝すればするほど健康で幸せになれる生き物なのです。

 

 

感謝

 

 

 

その他の記事を読む

 

 



コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。